KARATSUGUINOMI

至福の一杯を 唐津ぐい呑 唐津焼の作家の集い

    

 人にはそれぞれ違った「至福の一杯」があると思います。紅茶・珈琲・抹茶・煎茶・日本茶・中国茶などの喫茶系や、日本酒・焼酎・ウィスキー・ブランディ・ビール・カクテルなどの飲酒系、または様々な健康補助食品などなど。その一服を味会うために費やす手間と暇と経費は人生の内でも結構な部分を占めていると思います。
 またそれも人とのコミュニケーションを図るのにも大事な要素と言って過言では無いでしょう。まさに茶道のお茶席の世界がその様に、「一期一会」と言いますが、人との出会い、器との出会い、「至福の一杯」を味会うためにいろんな物語が生まれます。

「至福の一杯」のひとときを、私ども「唐津ぐい呑」がお役に立てたら幸いです。

唐津ぐい呑

PAGE

至福の一杯を唐津ぐい呑で

人にはそれぞれ違った「至福の一杯」があると思います。紅茶・珈琲・抹茶・煎茶・日本茶・中国茶などの喫茶系や、日本酒・焼酎・ウィスキー・ブランディ・ビール・カクテルなどの飲酒系、または様々な健康補助食品などなど。

木箱の紐掛け

木箱の紐掛け 茶道の抹茶茶碗や作家の作品が入っている箱に紐が掛かっている紐の結び方です。 木箱の紐掛けもやり方はそれぞれあると思いますが、此方でやっています方法を表した画像です。

玉露と抹茶は兄弟

玉露と抹茶の原料となる碾茶(てんちゃ)に用いる茶は4月から5月一番茶収穫の前に20日間ほど覆下(おおいした)と呼ばれる栽培法で、葭簀(よしず)と藁(わら)を用いて直射日光を遮り「簀下十日、藁下十日」被覆栽培します。これにより茶葉は薄くなり、お茶の旨み成分であるテアニンを茶葉に閉じこめ、うまみやコクが増すようです。

作家

胡蝶楽群遊

Michael Martino

鶴田 純久

CONTACT

Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere c.Etiam ut dui eu nisi lobortis rhoncus ac quis nunc.