黒唐津 半筒 ぐい呑 胡蝶楽群遊作

¥10,800

見出し:かつて器が変わる時、世界が変わった。唐津ぐい呑
作品名:黒唐津 半筒 ぐい呑 胡蝶楽群遊作ttgg003
品番:ttgg003
付属:桐の木箱
◇寸法 長径:約7.9センチ × 高さ:約6.7センチ 重さ:約162グラム
◇このぐい呑は、やや背が低い半筒形のぐい呑で総体に黒い上薬を施されています。上薬の濃淡が有り景色としては見所があるもののきわめてシンプルな黒唐津です。
◇砂気の多い土で製作されていて高台は三日月高台、畳付には貝高台の跡が残っています。

商品コード: ttgg003 商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , , , ,

説明

◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。◇三日月高台(みかづきこうだい)とは、器の高台を削り出すときに轆轤で削るのですが昔の轆轤は芯(中心)が取れずに歪みが生じたり、技術が卓越で手早く刷り出すことで左右ずれが出来、あたかも三日月のように見えることで、そう呼ばれるようになりました。これも日本人特有の美意識が粋で使う呼び名だと思います。

□□□このような仕込みになります。□□□
仕込み・木箱

木箱紐掛け

◇此方の商品はYAHOO!ショッピング Hisasih-Shopからでもお買い物が出来ます。